破壊王 橋本真也 橋本大地の公式ホームページです。

新日入団

中学時代に父が失踪し、母子家庭で育つが高校(中京商業高等学校)時代に母を亡くした。学生時代に柔道を始め、アントニオ猪木に憧れるようになり、1984年4月に新日本プロレス(以下「新日本」)に入門。入門初日に後のライバル、蝶野正洋と洗濯機の順番を巡って乱闘を起こした。

1984年9月1日に後藤達俊戦でデビューした。その後海外修行に出た。カナダのカルガリー地区を中心にモンゴル人ギミックの『ハシフ・カーン』のリングネームで試合を行ったが、対戦相手を負傷させたりしたために試合を干される事もあった。

闘魂三銃士の絆

海外修行の後、帰国し闘魂三銃士として、武藤敬司、蝶野正洋と共に売り出されることになり、対戦相手をリング上で叩き潰す姿から『破壊王』の異名を持つこととなった(古舘伊知郎からは「戦う渡辺徹」の名を貰う。「破壊王」ほど定着しなかったが、橋本はこのニックネームを気に入っていたという)。その一方で、ベイダーやスコット・ノートン、トニー・ホームといった巨漢外人レスラーの得意技を正面で受け、好勝負を展開した。橋本自身は日本人レスラーとしては稀なスーパーヘビー級であるが、この階級のレスラーがとかく得意技としがちであるラリアットやパワーボムをほとんど使用せず(武藤、蝶野にも似た傾向が見られる)、アンコ型でありながらキック主体というスタイルであった。

1993年、橋本は前年にグレート・ムタとしてIWGPヘビー級王座を獲得した武藤や、G1 CLIMAX2連覇を果たした蝶野と比べ、停滞気味であったが、WARの天龍源一郎と2度のシングルマッチを経て勢いを付け、9月20日、ムタを破り、第14代IWGPヘビー級王者となった。その後、藤波辰爾に敗れて王座を手放すものの、直後の5月1日福岡ドームのメーンエベントで藤波を破って王者になり(1年後の1995年5月3日福岡ドームで武藤に敗れたものの、9度の当時連続防衛記録を達成)、その年の活躍した評価が認められ、「プロレス大賞MVP」を獲得した。

Mr.IWGPとして君臨

1996年4月29日東京ドーム、この年の1月4日に武藤に勝利してIWGP王座を奪取したUWFインターナショナル(Uインター)の総大将である高田延彦と対戦し、垂直落下式DDTからの三角絞めで勝利した。また、前年から勃発していたUインターのリングにも参戦した。

1996年4月29日東京ドーム、この年の1月4日に武藤に勝利してIWGP王座を奪取したUWFインターナショナル(Uインター)の総大将である高田延彦と対戦し、垂直落下式DDTからの三角絞めで勝利した。また、前年から勃発していたUインターのリングにも参戦した。

v.s小川直也

プロレスデビューした小川直也と何度も抗争を繰り広げ、1997年4月の初戦は敗れたが翌月には小川を失神KOで下しリベンジを果たした。1999年1月4日、東京ドーム大会における3度目の戦いではいきなりほぼ完全なセメントを仕掛けられ、橋本は手も足も全く出ず事実上の敗北を喫した(結果は無効試合)。この時の乱闘騒ぎはプロレス史上最大級のガチンコの乱闘であった。当時全日本プロレスの三沢光晴も全日本プロレス中継で「あれじゃいくら何でもプロレスラーが弱くみられる。もっとプロレスラーは強いんだぞってところを見せてもらわないと困る」とコメントした。同年10月にも小川に敗れ、最後の試合となった5戦目の2000年4月7日東京ドームでは、「負けたら引退」を公約し、小川の腕を脱臼させ(しかしその後自らの仕掛けた技で戻してしまう)あと一歩の所まで追い詰めたが敗退し、公約どおり新日本に辞表を提出した。

新日解雇~ZERO-ONE旗揚げ

2000年8月23日、熱心なファンの子供から送られた復帰を願う百万羽の折り鶴をきっかけに引退撤回を表明。これについてはテレビ朝日のスポーツ番組『スポコン!』が特集を組んだ。10月9日東京ドームで藤波辰爾と復帰戦を行い、その直後に新日本内に別組織「新日本プロレスリングZERO」を作ろうとしたが、長州力らの反対にあった。その結果、11月13日付で新日本より解雇を言い渡されたため、直後にZERO-ONEを設立し完全独立した。12月23日にはプロレスリング・ノアに参戦(対戦相手は大森隆男)、同年の大晦日にはINOKI BOM-BA-YE 2000に参戦(対戦相手はゲーリー・グッドリッジ)。その後ZERO-ONEには橋本の理想に賛同した新日時代の後輩・大谷晋二郎・高岩竜一が合流した。

2001年3月2日、両国国技館にて「破壊なくして創造はなし、悪しき古きが滅せねば誕生もなし、時代を開く勇者たれ!」との理念を掲げ旗揚げの挨拶を行い、試合では新日本の永田裕志と組み、ノアの三沢光晴・秋山準組と対戦してフォール負けした。この後、小川直也とは和解してZERO-ONEにて共闘、「OH砲」として人気を得た。

三冠奪取、長州との決戦~ハッスル・キング

2003年にはZERO-ONE勢を率いて武藤率いる全日本プロレスに乗り込み、全面抗争が勃発、頂上決戦となったグレート・ムタとの三冠戦に勝利した。5月2日には後楽園ホールでは最多記録となる2,300人の観衆を集めて、小川と組み、武藤・小島聡組と対戦し、勝利したが、試合後に川田利明が乱入。そして7月、橋本・小川組VS武藤・川田組の試合で、試合中に右肩を脱臼し、勝利したもののこの時の脱臼がきっかけで三冠ベルトを返上した。 11月、長州力へ東京スポーツ紙上で口撃を行い、その後コラコラ問答を経て長州軍との抗争に突入。同年12月団体戦、2004年2月にはシングルで長州と激突、勝利した。

2004年2月、3冠王者になった川田から3度目の防衛相手に指名され挑戦するも、前年の肩の怪我がきっかけで敗れる(セコンドからタオル投入)。橋本のいわゆるプロレス四天王とのシングルマッチはこの川田戦のみであった。その直後、2人はハッスル軍としてタッグを組んだ。 2004年からハッスルに参戦。小川から「ハッスル・キング」と命名され、高田総統から「ポーク」と揶揄された。

団体崩壊、闘病〜最期

しかし同年、新日本に接近したことで大谷晋二郎との確執が生まれ、11月25日にZERO-ONE崩壊を宣言し、負債は全て自ら被ることで決着。1人でフリーの道を歩むことになる。 その後、長い間治療せず放置していた右肩を手術し、リハビリをしながらリングへの復帰を目指していたが、2005年7月11日午前8時頃、滞在先において脳幹出血で倒れ、午前10時36分、搬送先の病院で死亡が確認された。満40歳没。橋本の早すぎる死は、睡眠時無呼吸症候群も遠因であったと推測されている。7月16日に行われた葬儀には、武藤・蝶野・小川ら団体の垣根を越えて、大勢のレスラー、各界著名人、一般ファン等1万人以上が参列した。特に闘魂三銃士の絆を持つ武藤、蝶野の受けた衝撃は大きく、武藤が葬儀場の階段に座り込んだまま立ち上がれなくなったり、普段クールなイメージの蝶野が人目をはばからず涙に暮れるなどした。友人でもある高島宗一郎KBCアナウンサーの涙声の絶叫に続き、出棺時に橋本選手の入場曲である『爆勝宣言』が流され、参列者から投げられた数千本もの赤い紙テープと「ハッシモト」コールの大声援に包まれて送り出された。戒名「天武真優居士(てんぶしんゆうこじ)」。2008年3月2日、橋本の功績を称え、2代目のIWGPヘビー級ベルトが中邑真輔から橋本家に贈呈された。

バラエティ番組『ロンドンハーツ』が、生涯最後のテレビ番組出演だった。